星と花の写真館Blog

星と花の写真とエピソードをメインにしたブログです。

600mm超望遠レンズで天体撮影⑤ M20三裂星雲(2回目)

今回は、 望遠レンズSIGMA 150-600mm F5-6.3 Contemporaryとポータブル赤道儀SKYMEMO Sを使用してM20三裂星雲やその周辺の星雲を撮影します。

 昨年の夏に1度M20の撮影を行い、このブログで紹介しましたが、ノイズが激しいものになってしまったため、残念に思っていました。そのため、今回再チャレンジを行いました。

目次

 

前回M20三裂星雲やM8干潟星雲を撮影したのは、昨年(2018年)の7月でした。

気温や湿度が高く星雲を撮影する条件として良くなかったことと、ISO感度を12800の試し撮り用の設定のまま撮影してしまったため、ノイズが酷い状態になってしまいました。

その後、ノイズの強さがISO感度だけでなく、気温に大きく影響されることが分かったため、まだ気温の低いこの時期に、撮り直しを行おうと考えていました。

今年(2019年)のゴールデンウイーク10連休を使って、前回と同じ新潟県魚沼市まで撮影に出掛けます。

 

前回の記事は、こちら。

hoshi-hana.hatenablog.jp

 

射手座付近の天の川(焦点距離18mm)

f:id:hoshi-hana:20190501100427j:plain

f:id:hoshi-hana:20190501224439j:plain

 上の写真は、シグマ18-35mm F1.8 DC HSMのレンズを使用して焦点距離18mmで、射手座付近の天の川を撮影したものです。

射手座と蠍座の間に天の川があり、天の川の中央部には暗黒星雲が黒い帯が広がっています。暗黒星雲の黒い帯の部分にM16わし星雲やM17オメガ星雲、M20三裂星雲、M8干潟星雲などが、点在しています。

 焦点距離18mmでも、小さいながらもM8干潟星雲などは、その姿を確認できますが、望遠レンズを使って、もっと詳しい様子を見ていきたいと思います。

上の写真は、昨年(2018年)の4月に撮影したものを流用していますので、火星、木星土星の位置が、現在見える位置とは違っていますが、今年(2019年)は、木星土星が射手座付近で明るく輝いて、より一層賑やか状態になっています。

 

M8干潟星雲とM20三裂星雲(焦点距離150mm)

f:id:hoshi-hana:20190430145720j:plain

f:id:hoshi-hana:20190501224512j:plain

 上の写真は、今回、シグマ150‐600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporaryのレンズを使用して焦点距離150mmで、M8干潟星雲とM20三裂星雲を撮影したものです。

 それぞれの星雲の様子がより詳しく分かるとともに、周囲の天の川の星の輝きが華やかさを加えています。

 焦点距離150mm(35mm判換算240mm)だと、一眼レフカメラのキットレンズの望遠側でも対応できる範囲に入ってきます。この焦点距離でもM8干潟星雲の様子が十分に楽しめますが、その上のM20三裂星雲は少し小さくて物足りない感じです。

 焦点距離150mmだと撮影中のブレの影響も少なく、対象をフレーム内に収める微調整もシビアではないため、撮影は比較的に楽に行えます。

 ここから、M20三裂星雲が画面の中央に来るように方向を微調整して、一気に焦点距離600mmまでズームさせます。この時、ピント合わせを再度確認するなどの作業も必要なってきます。

 

M20三裂星雲(焦点距離600mm)

f:id:hoshi-hana:20190501092851j:plain

f:id:hoshi-hana:20190501224557j:plain

 上の写真は、今回、シグマ150‐600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporaryのレンズを使用して焦点距離600mmで、M20三裂星雲を撮影したものです。

 今回は、ISO感度を1600に設定して撮影しました。

 撮影した時の気温は4℃程度で、気温の低さもあって前回と違いノイズの少ない写真になりました。

 焦点距離600mmになると方向の微調整が難しいため、今回も被写体が中央から外れていますが、あまり気にしないようにしましょう。少し、星雲の姿小さいので周囲をトリミングして、星雲を拡大して見ます。

 

M20三裂星雲(トリミング)

f:id:hoshi-hana:20190501092938j:plain

 M20三裂星雲の周囲をトリミングして、拡大しました。

三裂星雲は、ピンクと青の色の対比が美しく、暗黒星雲の黒い帯が星雲を分割するように横切ることで、趣のある形になっています。私が天体観察や撮影に興味を持つようになった星雲の1つです。

 今回の写真は、きれいに写っていますが、少しインパクトが足らない感じです。

 前回の写真はノイズが多かったのですが、その影響で逆に、遠い宇宙の天体を必死で捉えようと限界にチャレンジしているような緊張感があったように思います。

 今回の写真は、ノイズを減らすという目的は達成できましたが、ちょっと平凡な感じがしました。 

 

M16わし星雲とM17オメガ星雲 (焦点距離150mm)

f:id:hoshi-hana:20190501093327j:plain

f:id:hoshi-hana:20190501224639j:plain

 上の写真は、シグマ150‐600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporaryのレンズを使用して焦点距離150mmで、M16わし星雲とM17オメガ星雲を撮影したものです。

 この2つの星雲は、M8やM20より少し北の方にあります。写真の上の方がM16わし星雲、下の方がM17オメガ星雲です。

カメラをM8に向けようとしたとき、この2つの星雲がフレーム内に入っていたため、M8、M20と間違えてしばらく撮影していました。

 一眼レフと焦点距離150mmでは、これらの星雲の魅力を写すのは、少し難しいのかもしれません。M16わし星雲は、その中央部をハッブル宇宙望遠鏡が写した写真が有名で、とても印象的です。みなさんも一度はその写真を目にしたことがあると思います。

その写真が載っているWikipediaの記事へのリンクを貼っておきます。

わし星雲 - Wikipedia

 

紹介した星雲が見える時間帯

南の空に、M8干潟星雲やM20三裂星雲が高くみえる時間は、以下の通りです。

4月  1日頃・・・・午前  5時00分頃

4月15日頃・・・・午前  4時00分頃

5月  1日頃・・・・午前  3時00分頃

5月15日頃・・・・午前  2時00分頃

6月  1日頃・・・・午前  1時00分頃

6月15日頃・・・・午前  0時00分頃

7月  1日頃・・・・午後11時00分頃

7月15日頃・・・・午後10時00分頃

8月  1日頃・・・・午後9時00分頃

8月15日頃・・・・午後8時00分頃

月が出ていると、月明かりにより天の川や星雲など光の弱い天体が見えにくくなります。

星空を見るときは、月の出時刻や月の入り時刻なども確認しておきましょう。

本日の月の出や月の入り時刻などが確認できる、国立天文台の暦のページへのリンクです。

国立天文台 天文情報センター 暦計算室

 

撮影場所

 撮影場所は、新潟県魚沼市の奥只見レクリエーション都市公園浅草岳地域です。

星空を撮影するために何度も来ていますが、このあたりの星空は、本当に綺麗に輝いています。

 冬の間には来たことはないですが、かなり雪が積もるようで、ゴールデンウィークの期間でも溶け残った雪が、あちこちに見られます。関東の平野部よりも1ヶ月遅れで、ゴールデンウイークが桜の見頃になっています。国道252号線は、除雪が終わり冬季通行止めが解除されていたので、撮影後、福島県側へ抜けて南会津郡などをドライブしてきましたが、こちらも桜が見頃です。

 

田子倉湖の桜の様子

f:id:hoshi-hana:20190501221344j:plain

 

 

このブログ記事に関連した本の紹介

 

 

 さまざまなレンズを使用して星空を撮影した写真を比較しているマニアックな本です。

星空撮影用のレンズをお探しの方におすすめ!

写真レンズ星空実写カタログ: 星空撮影&夜景撮影のための

写真レンズ星空実写カタログ: 星空撮影&夜景撮影のための

 

 

撮影に使用した機材の紹介

ポータブル赤道儀

今回の撮影に使用したポータブル赤道儀は、kenkoのスカイメモSです。(微動雲台、アリガタプレート、バランスウェートは使用していません)

ポータブル赤道儀を購入する際に、Vixenのポラリエと迷ったのですが、スカイメモSの形の方が一般的な天体望遠鏡赤道儀と同じフォルムで安心感があったこともあり、スカイメモSを選びました。

実際にカメラ用三脚に取り付けて撮影しようとすると天体望遠鏡赤道儀に比べ安定感がなく、大丈夫かなと心配になりましたが、現状では期待以上の結果を出してくれています。

※この手のポータブル赤道儀を使用してカメラで星空を撮影する場合は、三脚とポータブル赤道儀の固定用とポータブル赤道儀とカメラの固定用に2個の雲台が必要です。

f:id:hoshi-hana:20180425201720j:plain

 

hoshi-hana.hatenablog.jp

 

カメラ

カメラは、Canon EOS70Dを使用しています。

星空の撮影をしていて、思いのほか役に立っているのがWi-Fi接続機能です。iPadiPhoneとカメラをWi-Fi接続することで、iPadiPhoneなどのスマホタブレット端末からワイヤレスで基本的なカメラ操作(レリーズ、絞り、ISO調整など)ができ、撮影した写真の確認もスマホタブレット上ですぐにでき、各値の調整に役立っています。

星空の撮影では露出時間が必要なため、以前であれば長時間、夏の蚊や冬の寒さにさらされていたのですが、ワイヤレスになったことでカメラのセッティングができれば、撮影は近くに停めた車の中から出来るようになりすごく快適になりました。

現在EOS70Dの後継にあたるEOS80Dが発売されています。 

 

レンズ

 望遠レンズは、SIGMA 150‐600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporaryを使用しています。 

 下のリンクは、ニコン用マウントのレンズにリンクしています。キヤノン用やSIGMA用のマウントのレンズはリンク先で「キヤノン用」「SIGMA用」のスタイル名を選択して下さい。

SIGMA 望遠ズームレンズ Contemporary 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM ニコン用 745554

SIGMA 望遠ズームレンズ Contemporary 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM ニコン用 745554

 

 

冒頭の天の川の写真を撮影したのが、シグマ18-35mm F1.8 DC HSMです。

 広角側の焦点距離は18mmで、シグマ10‐20mm F3.5やTOKINA AT-X11-20mm F2.8よりも視界は狭くなりますが、シグマ18-35mm F1.8の魅力は何といってもF1.8という明るさです。これまで主に使用していたシグマ10‐20mmF3.5に比べて4倍明るいため、これまでより露出時間を1/4に短くすることができます。

 天の川の撮影には、F3.5、ISO1600の設定で1~2分の露出時間で撮っていたのが、シグマ18-35mmF1.8では、15~30秒程で済むことになります。赤道儀を使って星景写真を撮る場合、露出時間が長いと地上の景色が流れるのが気になるのですが、そのような問題を緩和してくれます。もしかしたら、赤道儀を使用しなくても星を点で写せるレベルです。画像もシャープで、これからの撮影で出番が増えそうな感じです。

 

 シグマ18-35mm F1.8 DC HSM キャノン用へのリンク(スポンサーサイト)

SIGMA 標準ズームレンズ Art 18-35mm F1.8 DC HSM キヤノン用 APS-C専用 210540

SIGMA 標準ズームレンズ Art 18-35mm F1.8 DC HSM キヤノン用 APS-C専用 210540

 

 

ポータブル赤道儀スカイメモSの極軸合わせ

 赤道儀を使用して星空を撮影をしようとしたとき、

そのセッティングで最もつまづきやすいのは、極軸合わせではないでしょうか。

 今回は、ポータブル赤道儀スカイメモSなど極軸望遠鏡で極軸合わせをする際の、ちょっとした方法について書いてみたいと思います。

【目次】

 

極軸合わせとは

 極軸合わせは、赤道儀を使用する前に必要なセッティングの1つです。

日本を含む北半球では、赤道儀の極軸を北極星の方向に合わせる作業のことです。

赤道儀を使ってみたいと思っている人とって、難しそうだと躊躇する要因かもしれません。

 

 極軸望遠鏡の倍率はファインダーと同程度で、北極星は2等星の明るい星であるため、

 極軸合わせは、基本的に望遠鏡を観察しようとする天体に向けるより簡単な作業のはずですが、私自身、極軸合わせを終えた後に、「きちんと設定できているのか」と不安を感じることがありました。 

 極軸合わせの方法には、北極星を目印にして行う場合と、コンパスや赤道儀の目盛を使用して行う場合などがあると思いますが、私は、ほぼ北極星を目印にして極軸合わせを行っています。

 私が使用しているスカイメモSには極軸望遠鏡が内蔵されていますが、他のポータブル赤道儀には、極軸望遠鏡がついてなく覗き穴で合わせるものもあるので、広角レンズを使用して星景撮影をする場合など、精度がそれほど必要ないときは、覗き穴を使って合わせたり、方位をコンパスで高さを目盛で合わせても影響はないのかもしれません。

 しかし、極軸望遠鏡を覗き、北極星を目印に極軸合わせを行うことで、星の追尾精度が上がるため、星雲や星団などを撮影してみるといったように撮影の幅を広げることができると思います。

 星雲や星団の撮影を行う場合は、本来なら赤道儀付きの天体望遠鏡を準備した方が良いのですが、 高価な設備を揃える前の入り口として、ポータブル赤道儀と望遠レンズを使ってみるという方法でも、基本的なところは十分に楽しめる思っています。

 赤道儀を使用することは星の観測や撮影を行う上での面白さの1つであり、

そのために必要な極軸合わせは、是非ともマスターしたいスキルです。

 

f:id:hoshi-hana:20190420222932j:plain

上の写真は、ポータブル赤道儀スカイメモSと望遠レンズを使用して撮影したオリオン大星雲の写真です。

 

hoshi-hana.hatenablog.jp

 

 

極軸合わせが難しいと思う原因

 私自身、望遠鏡用の赤道儀ポータブル赤道儀で何度も何度も極軸合わせを行ってきました。撮影開始前にセットして、途中で場所を変更したり、極軸がずれていると感じた時にやり直したりと、1日内で複数回、極軸合わせを行うこともしばしばです。

 その際に、合わせたのが本当に北極星だったのか、近くの違う星だったのではないかと思うことが、しばしばありました。

 そのように感じあとでも星を撮影して、問題になるような追尾のズレは発生しなかったので、実際には北極星をターゲットに極軸合わせを行えていたのでしょうが、どうしても撮影していて不安を感じることがあります。

 そのような不安を低減するためにも、極軸合わせをもっと信頼できるものにしたいと思いました。

 

 まず、極軸望遠鏡を使用した極軸合わせの難しさの原因について考えてみました。

 

 自分は、目視で夜空を見上げた時には、特に問題なく北極星を見つけることができます。見つけ方は、一般的に使われている北斗七星やカシオペア座から北極星にたどり着く方法ですので、みなさんも同じように見つけることができると思います。コンパスや星座を見つけるアプリなどがあれば、便利ですね。

f:id:hoshi-hana:20190421165551j:plain

 

 しかしその後、赤道儀の極軸望遠鏡を北極星の方向に向けて覗いて見ると、目視で見たときとだいぶ見え方が変わるため、どれが北極星が分かりづらくなります。

極軸望遠鏡で見たときの北極星の分かりづらさについて、

以下の3点が影響していると考えました。

 ①極軸望遠鏡の視界が思ったよりも狭い

 ②極軸望遠鏡で見ると星の明るさの違いが分かり難い

 ③望遠鏡で見た像が、上下左右反転している

 

まず、①の極軸望遠鏡の視界についてですが、

スカイメモSに付いている極軸望遠鏡の倍率は5倍、実視界は7度となっています。

これがどのくらいの範囲かというと、下の写真のようになります。 

f:id:hoshi-hana:20190421165643j:plain

写真の赤丸の範囲が、極軸望遠鏡を北極星に合わせた時に見える範囲になります。

こうしてみると、ずいぶんと視界が狭いことが分かります。

極軸望遠鏡を見ながら北極星を探そうとすると、特に目印もないまま狭い視界によって夜空の中で迷子になってしまいそうです。

 

北極星付近について、拡大した下の写真になります。

下の写真は、撮影した日時が違うため、上の写真とは星の位置が違っています。

f:id:hoshi-hana:20190421181821j:plain

北斗七星やカシオペヤ座が視界の外にあるため、目印になるものがなく、北極星と他の星の区別がつきにくくなっています。写真では雲の無い状態ですが、実際に極軸合わせを行う際に雲がかかっていたりすると、さらに北極星が分かり難くなります。

 写真上では、北極星がひと際明るく写っているため、まだわかり易いのですが、

 ②として挙げたように、実際に極軸望遠鏡を覗いた時には、星の明るさを区別しづらいと感じています。

 その上、③として挙げたように極軸望遠鏡で見えるのは、上下左右が逆の倒立像となります。

 そのため、倒立像を見ながらの微調整の操作に慣れていないと、どちらに微調整すればよいか混乱して、逆に動かしてしまって北極星が極軸望遠鏡の視界からはずれてしまうといったことが、起こりがちです。

 (倒立像に対する微調整は、慣れれば体が覚えて、あまり考えなくてもできるようになります。逆にカメラのファインダーの正立像をみながら方向を微調整するときに逆に動かしてしまうことがあったりします。)

f:id:hoshi-hana:20190421183930j:plain

 

これらから、

極軸望遠鏡を覗いた時に北極星がどれか分かりづらいことが、極軸合わせが難しいと感じる一番大きな要因ではないか

と思われます。

 

極軸望遠鏡で北極星を合わせる方法

 極軸望遠鏡を覗いて、北極星をきちんと見分けるためには、北極星の周りにある極軸望遠鏡の視界内の星の位置を把握することが、必要だと考えました。

 星の明るさだけでは、見極めがつきにくいため、位置が重要です。

ということで、北極星周辺を写した上の写真を加工して、極軸合わせ用のガイドを作成してみました。

f:id:hoshi-hana:20190423232212j:plain

上の北極星ガイド写真は倒立像になっており、極軸望遠鏡でみた状態と同じです。

赤線の円の内側がスカイメモSの極軸望遠鏡の視界(7度)の範囲です。

極軸望遠鏡の視界の中央(赤の十字線の中心)に北極星を合わせた時に、周囲に見える星の様子を示しています。

北極星の周辺の星々は、日時によって変化しますので、スカイメモSの極軸望遠鏡のスケールに書かれている数字の方向も示しています。

 

使い方としては、

まず、上の北極星ガイド写真をスマホなどに保存しておき、赤道儀を設定する際にすぐに見られるようにしておきます。

極軸合わせで、月日目盛リングを回転させて日時を合わせた後、極軸望遠鏡を北極星の方に向けて覗き、スケール数字と北極星ガイド写真の数字を照らし合わせながら、極軸望遠鏡で見える星と北極星ガイド写真の星の位置が一致しているか確認します。

 多少、極軸望遠鏡を上下左右に微調整して、視界の周辺にある星を確認するとより確実に北極星の見極めができると思います。

 視野の中心にある星が北極星だと確認できたら、

北極星を極軸望遠鏡のスケールの「6」の位置に合わせます。

 

 下の写真の矢印で示した星の位置などを参考にしてみて下さい。

f:id:hoshi-hana:20190421225125j:plain

 

 このガイド写真を極軸合わせに使い始めて1年ほどになりますが、周囲の星の位置から北極星を確認できるため、極軸合わせに不安を感じることがなくなり、撮影の設定がスムーズになったと思います。北極星付近に雲があっても雲間から見える星とガイド写真を比べることで、迷うことが減りました。

 みなさんも、よかったら、ガイド写真を使ってみて下さい。

 ポータブル赤道儀を使用した撮影が、より早く快適になればいいなと思っています。

 

関連する記事

赤道儀のセッティング方法や使い方をまとめています。

hoshi-hana.hatenablog.jp

 

ポータブル赤道儀スカイメモSの紹介

今回の極軸合わせの話で紹介したポータブル赤道儀は、kenkoのスカイメモSです。(自分の現在の撮影機材構成では、微動雲台、アリガタプレート、バランスウェートは使用していません)

ポータブル赤道儀を購入する際に、Vixenのポラリエと迷ったのですが、スカイメモSの形の方が一般的な天体望遠鏡赤道儀と同じフォルムで安心感があったこともあり、スカイメモSを選びました。

実際にカメラ用三脚に取り付けて撮影しようとすると天体望遠鏡赤道儀に比べ安定感がなく、大丈夫かなと心配になりましたが、現状では期待以上の結果を出してくれています。

※この手のポータブル赤道儀を使用してカメラで星空を撮影する場合は、三脚とポータブル赤道儀の固定用、ポータブル赤道儀とカメラの固定用に2個の雲台が必要です。